カードローンとは銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りることができ分割で返済することが可能な融資のことです。

ローン用のカードを作って利用することからこう呼ばれるようになりました。
今やこのようなキャッシングサービスは私たちの生活に欠かすことができません。

キャッシングサービスで審査に通るために


とても便利なサービスなのですが利用するためには最初に審査を受けるのが一般的です。審査に通る一番重要なポイントは本人に収入があるかどうかです。

そのためアルバイトのフリーターの方やパート主婦の方でも消費者金融や銀行系のカードローンで借入することができます。キャッシング 即日 アルバイトで調べると、とても多くのカードローン情報が出てくるのはそのためです。

しかし収入の額は借入限度額に影響を与えることが多いので、安定した収入を得ている正社員の立場の方と同じような限度額まではいかないことがほとんどです。
今回はアルバイトでも借りることができるおすすめのカードローンをまとめてみました。
低金利で即日融資可能な銀行に三菱東京UFJ銀行カードローンがあります。

三菱東京UFJ銀行カードローンについて

年率1.8%から14.6%と消費者金融と比較するとかなり低いです。
またテレビ窓口に行きカードを発行してもらうのですが融資までの速さが銀行の中ではピカイチの速さです。

ただ三菱東京UFJ銀行には無利息期間サービスはないのでもしも30日以内に返済のメドが立っている場合には、無利息期間サービスあり、即日融資可能なプロミスやレイクがおすすめです。
プロミスもレイクも無利息期間サービスありの大手キャッシングで有名です。

プロミスは初回に限り30日間の無利息期間サービスがついていて、レイクは初めての方のみ30日間無利息もしくは5万円まで180日間無利息のサービスをつけることができます。

プロミスとレイクは申し込みが楽

2社とも即日融資が可能で来店せずに申し込みから融資までを行うことができます。振り込みによる融資になるので対応している金融機関のインターネットバンキングが必要になります。
さらにプロミスもレイクもお試し診断のサービスがあります。お試し診断とは生年月日や職業、年収、他社からの借入額などの簡単な項目を入力するだけで融資可能かどうかを判断してくれるサービスです。

アルバイトで収入が多くなく融資を行ってもらえるかどうか心配な方はこのようなサービスを利用することで融資可能か否かについて目安を知ることができます。
金利はプロミスが年率4.5%から17.8%、レイクが年率4.5%から18.0%と大手銀行と比較するとやや高めに設定されています。

長期なら住信SBIネット銀行ローン


ある程度長期の利用を考えている場合には、金利が低い住信SBIネット銀行ローンがおすすめです。
利用限度額が10~1200万円まである住信SBIネット銀行MR.カードローンのプレミアムコースで金利が1.59%から7.99%、限度額が10~300万円に限られるスタンダードコースで8.34%から14.79%になります。

このようにかなり低金利なのですが手続きに数日から1週間程度かかるため即日キャッシングはできません。他には年率3.0%から16.8%のオリックスVIPローンカード・年率1.9%から14.5%の楽天銀行スーパーローンなどがあります。

オリックスVIPローンカードでは限度額が大きく金利が低いことで有名です。
平日14時半までに契約の手続きを終えれば当日に融資してもらうことも可能です。

楽天銀行スーパーローンもオススメ

楽天銀行スーパーローンも低金利で、早い時間に申し込めば即日融資が可能になるようですが込み具合や条件によっては融資まで数日かかることもあります。

紹介したカードローンはアルバイトの方でも借入することができます。

アルバイトの方が借入する際にはいくつかの注意点があります。審査に通りたいからと言って審査時に年収を多めに申告したり、他社での借り入れがあるのに無いと申告したりするなど嘘の申告は絶対にしないようにしましょう。
嘘の申告はバレることが多くバレると一気に信用を失ってしまいます。

また短期間のうちに複数の業者に申し込まないようにしましょう。
短期間のうちに何社も申し込んでいることが分かればそのせいで審査に通りにくくなってしまうことがあります。
基準は諸説ありますが1ヶ月間に3件以上申し込むと危険だと言われています。

アルバイトで重視されるポイント


アルバイトの方が審査に有利になるためのポイントもいくつかあります。
一般的に審査が有利になるとされているポイントは勤続年数が1年以上ある・保険の種類は国民年金保険よりも社会保険の方が有利・年収の高さより安定性の方が重視されると言われています。

他にも過去の返済実績や他社借入も重要項目として調べられます。

これまでに3ヶ月以上ローンを滞納したことがある方や過去に任意整理・自己破産などをしている場合には審査に通りづらくなってしまうので注意が必要です。
そして他社借入をしている場合は金額よりも件数を重視されます。大手キャッシング会社の場合、他社借入が4件以上あると審査に通ることが厳しくなります。

他社から借入をしている場合はできるだけ完済し他社借入件数を減らしてから申し込んだ方が良いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です